セカエガ  世界一えがおな先生のブログ

教育×旅×笑顔=私 なブログ

MENU

【ゆとり万歳!】 「ゆとり教育」って言葉使うのやめませんか?

f:id:mn226845:20170627203446p:plain

「ゆとり教育」と聞くと、悪いイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?

 

ちなみに、私は、俗にいう「ゆとり世代」です。

土曜日に学校に行ったことはありません。

授業の時間数も少ない世代です。

 

「ゆとり教育」を受けてきた「ゆとり世代」は、よく批判の的としてメディアに取り上げられてきました。

 

「ゆとり」だから、仕事ができない。

「ゆとり」だから、勉強できない。 

 

などなど、メディアによって、「ゆとり世代」のイメージは悪いものになってしまったように思います。

 

しかし、私は声を大にして言いたいんです。

「ゆとり万歳!」ということを。

その理由について語っていきます。

 

ゆとり万歳!

そもそも、「学びたい」という「主体性」って何から生まれるか考えてみてください。

 

私は、「主体性」は「余裕」から生まれると考えています。

 

余裕がなく、心や体が疲れ切っている時に、何かをやろうという気持ちは起きません。

 

知ってしましたか? 

そもそも「ゆとり教育」という言葉はマスコミが作った造語です。

 

学習指導要領に「ゆとり教育」という言葉は出てきません。

唯一出てくるのは、「ゆとりと充実」という言葉なんです。

 

学習指導要領では、 学びの充実を図るために「ゆとり」をとったんです。

それが、マスコミによって造語として形成され、イメージ化されたのが、「ゆとり教育」という言葉なんです。

 

今までの詰め込み型教育を変え、主体性をもって学ぶことができるように、「ゆとりと充実」の教育になったんです。

※総合的な学習の時間というものが小学校にできたというのも、そのことを表す顕著な例と言えるでしょう。

 

ちなみに・・・メディア的に、大まかに日本の教育方針をまとめると、こんな感じになるでしょうか。

  • 「詰め込み型教育」・・・~2001年
  • 「ゆとり教育」・・・・・2002年~
  • 「脱ゆとり教育」 ・・・・2011年~

 

ゆとり教育で、学力が落ちたっていうけど、ホントか?

 「ゆとり教育」をしたせいで学力が落ちたとか、日本の社会人としての力が落ちたという話をよく聞きます。

しかし、そんなことが果たして言えるのでしょうか?

 

下の記事に詳しいことが掲載されていますが、それは、嘘と言えるでしょう。

 

 

上の記事を簡単にまとめます。

 

OECDのPISA(OECD生徒の学習到達度調査)というデータがあります。

これは、よく世界と日本を比べた時に、用いられる学力のデータです。

 

2012年にゆとり世代ど真ん中の高校1年生が受けた結果は、世界トップクラスの学力だったということです。

 

実は、詳しくみると、「ゆとりと充実の教育」は、大成功だったのかもしれません。 

 

おわりに

私は、「ゆとり世代」の人間です。

私は、「ゆとり」が悪いというように捉えられていることに疑問を抱いています。

なぜなら、「ゆとり」は、今の日本に必要なものだと私は考えているからです。

 

子どもたちが主体的に活動するためにも、教師が元気に授業を考えることができるようにするためにも「ゆとりと充実」は必須です。

ゆとり万歳なんです。

 

さあ、「ゆとり教育」って言葉使うのやめませんか?

そして、「ゆとり」を「充実」に変えていきませんか?