セカエガ  世界一えがおな先生のブログ

教育×旅×笑顔=私 なブログ

MENU

RPGの勇者からみる苦手なことを克服する3つの方法

f:id:mn226845:20170514095547p:plain

本当にそれ苦手ですか?

 

突然ですが、私は文章を書くのが苦手だと決め込んでいました。

つい最近までは。

 

しかし、ブログを書くことによって、文章を書くことが楽しくなってきた自分がいるんですね。

 

教師の仕事の「学級便り」なども、今まではやる順番が一番遅かったんですけど、優先順位が上位に上がってきました。

 

皆さんも、自分が苦手だと思っていたことが、実は苦手ではなかったという経験はありませんか?

 

私が考えるに、「苦手」だと思っていることは、自分自身が苦手だと決め込んでいることによるものだと考えています。 

 

では、どうやったら苦手なことを克服することができるのでしょうか?

 

タイトルにあるように、苦手なことを克服する3つの方法を見ていきます。

 

目次

 

RPGの勇者からみる苦手なことを克服する3つの方法

私が考える、苦手なことを克服する3つの方法は、以下の通りです。

  1. 小さな成功体験を得る
  2. 続ける、繰り返す
  3. もう一個高い成功体験を得る

 

苦手なことの克服方法は、ドラクエなどのRPGの勇者のレベルアップと同じことだと考えてください。

 

苦手なことを克服すると思っていても上手くいかないのは、最初から「ラスボス」と戦おうとしているからです。

 

ドラクエでも、最初からデスタムーアやゾーマ、デスピサロと戦ったら、即ゲームオーバーです。

最初の初期設定の装備では到底敵いません。

 

苦手を克服しようとする時も、実は、このように初期設定のまま、「苦手」というラスボスに立ち向かおうとしていることが多いのです。

 

例えば、

ダイエット・・何も今までしてこなかった人がいきなり急激な減食。

勉強・・・・・何も勉強してこなかった人がいきなり3時間全教科毎日勉強。

恋愛・・・・・何も今まで恋愛してこなかった人がいきなり表参道でデート。

 

というように、どう考えても上手くいきそうにありませんし、続きそうにありません。

苦手を克服する時のキーワードは、「小さな成功体験」です。

 

だいたい、苦手だと思っていることの要因は、「トラウマ」です。

 

例えば、

キノコを食べたが、何度も吐いてしまった。

好きな人に告白したが、失敗した。

テストで何回も低い点をとってしまった。

 

このように、上手くいかなかった「トラウマ」となる経験を何度もしていると、人は「どうせ無理」という思考になっていってしまいます。

 

苦手なことに克服するということは、「トラウマ」に打ち勝つことと同義だと私は考えています。

 

そして、その「トラウマ」に打ち勝つ方法が、「小さな成功体験」なんです。

 

1.小さな成功体験を得る

まず、苦手なことに対してひたすら「小さな成功体験」を得てください。

 

例えば、

ダイエット・・今まで何もしてなかったけど、1週間のうち昼食だけ500kcal以内にしたら、1kg痩せた。

勉強・・・・・今まで何も勉強してなかったけど、1日1教科10分だけ勉強するようにしたら、テストの点が10点上がった。

恋愛・・・・・今まで何も恋愛してこなかったけど、1日一人の女性と連絡するようにしたら、2人でデートすることになった。

 

どうでしょう?何かこれなら、現実できそうじゃないですか?

 

ポイントは、「スライム」レベルの目標にするということです。

いきなり1レベルの勇者が、ラスボスには敵わないということは先述しました。

 

まずは、苦手なことだけど、できそうなことを小さなことから行い、成功体験を得ていきましょう。

 

2.続ける、繰り返す

小さな成功体験を得たら、今度はそれを続けます。

自分に自信がつくまでは、「スライム」や「ドラキー」レベルの目標でいいと思います。

 

成功を何度も繰り返し、「根拠のない自信」なるものを身につけることが大事なんです。

 

先述しましたが、苦手なことを克服することは、トラウマに打ち勝つことと同義です。

そのトラウマによって、自信を失っている自分に、小さな成功体験を得続けることによって自信をつけるんです。

 

「スライム」や「ドラキー」をたくさん倒してきたら、何かゴーレムやドラゴンも倒せそうな気がしませんか?

 

そのような、「何だかいけそうな気がする」

という気持ちが出来上がったらOKです。

 

www.naka--sho.com

※ちなみに「続ける」コツに関しては、この記事を参考にしてください。

 

3.もう一個高い成功体験を得る

自分に自信がついてきたなと感じたら、今度は、もう少し高い目標に設定ましす。

 

ドラクエのRPGで言うなら、

目標1

モンスター:スライム、ドラキー 装備:木の枝

 

目標2

モンスター:ゴーレム、ドラゴン 装備:銅の剣

 

目標3

モンスター: キングスライム、 装備:鋼鉄の剣

 

ラスボス

モンスター:デスタムーア、デスピサロ 装備:勇者の剣

 

みたいに、自分の自信や成功体験の具合によって、目標を高くしていきます。

そうすると、気づいたら、苦手なこと克服されているんです。ホントに。

 

現実で言うなら、例えば、

ダイエット・・1週間のうち昼食だけ500kcal以内にできたから、次は、毎食500kcalにしてみる。

勉強・・・・・1日1教科10分だけ勉強できたから、次は、1日3教科勉強してみる。

恋愛・・・・・2人でデートできたら、次のデートで自分の思いを伝えてみる。

 

注意点ですが、「小さな成功体験」を得ると、すぐに「ラスボス」に行きたがりますが、積み重ねていくことが大切です。 

 

この3つの方法を試していくと、気づいたら自信がついていて、苦手なことが克服されているんです。

 

おわりに

日本人は、自分に厳しい方が多いので、苦手なことを克服しようと思った時にいきなり自分に高い目標を設定してしまいがちです。

 

そして、できない自分に罪悪感を感じ、やっぱり私は苦手なことはダメなんだと感じてしまい、デフレスパイラルのように苦手のループに入ってしまいます。

 

今回紹介した、「 RPGの勇者からみる苦手なことを克服する3つの方法」のように、自分のレベルにあった目標を設定し、小さな成功体験を得てください。

その小さな成功体験の積み重ねが苦手を克服します。

 

苦手の克服も、RPGと同じように考えてみたら結構楽しいです。

私は、まだまだ装備が勇者の剣ではなく、木の枝程度なので、苦手なことに日々精進ですが(笑)